千歳ゆるゆる登山隊は、九州の山をゆるゆる登っています

ミヤマキリシマ シーズン イン!!

どーも皆さん、こにゃにゃちわ!sunです! またまた登場してすいまめーん!!

今回はスーパー晴れ男のイッチーと、金魚臭のするまりちゃんと私の3人で『みんな大好き坊がつるでテント泊をしてきたよ!!あとミヤマキリシマ見てきたよ』の話。 良かったら読んでみてくださいまし! f:id:chitoseclimb:20210607204407j:plain

2021年5月29日

スーパー晴れ男のおかげで2日間とも晴れ予報。 朝8時、長者原で2人と待ち合わせ。 駐車場が空いてるか心配したけど全く問題なし。まだまだ余裕でした。(例年なら朝5時でも満車になりそうな勢い!) イッチーとまりちゃんとは2019年11月の17サミッツ以来だから約1年半ぶりやなぁ。

chitoseclimb.hatenablog.com

17サミッツめちゃくちゃきつかったな~、いやぁあれはきつかった!!!(ってゆーあたかも自分が17サミッツをしたかのような発言www途中から参加したのでわたくし17は制覇しておりません!) f:id:chitoseclimb:20210607204449j:plain 「どーもー!GFチャンネルのイッチーでーす!」とYouTubeでお決まりの挨拶からスタート! イッチーはYouTubeで登山やトレラン・キャンプなどの動画配信してるので良かったら見てみてちょ。(GFチャンネルで検索すると出てくると思います)

長者原8:20スタート。ぴーかん!!梅雨じゃなかったんかい!! 緑があまりに綺麗すぎてそれだけで満足感。 今回はイッチーのYouTube撮影で強制的に動画に参加させられてる私w イッチーの頭に「NO」の文字はない!! f:id:chitoseclimb:20210607204540j:plain 構図が大事だそうで細かい指導が入るwww私にはどうでもいいけどwww 新緑の美しさに癒されながら、強制的な動画撮影に応えながらw雨ヶ池へ。

この快晴の下での登山、私が汗をかかないわけがない。軽めの滝汗(滝汗って言うぐらいだからまぁまぁの汗かいてるけどレベル5ぐらいね) 「アセ部!すんパイセン!アセ部!部長!!笑」ってまりちゃんにいじられるw でもまりちゃんは汗をかくと金魚臭するらしいからねwww はい、アセ部発足!今のところ部員2人。入部希望者いたらいつでもウェルカム!!

雨ヶ池到着。 f:id:chitoseclimb:20210607204710j:plain f:id:chitoseclimb:20210607204721j:plain おぉぉぉぉぉ!雨ヶ池に水が溜まってるー!こんなに水がある雨ヶ池を初めてみたかも。 池と木道・・・いい眺め。 雨ヶ池からは平坦&下り。またなんの話をしたかは覚えてないけど新緑の中をゆるりゆるりと。。。 f:id:chitoseclimb:20210607204753j:plain 樹林帯を抜けて坊がつるが一望できるこの場所が私は大好き!!今が一番きれいな季節かも。 8:20に登山開始、11:00に坊がつる着だからかなりゆるゆる。通常コースタイムはだいたい2時間てとこかな。

今回イッチーは2回目のテント泊、まりちゃんは初めてのテント泊らしい。 初めてのテント泊が坊がつるなんて最高じゃない?笑

大分県民として坊がつるキャンプ場があることを誇りに思う。 テント場も水も無料、近くに温泉も生ビールもあり、価格も良心的。 トイレも南アルプスの農鳥小屋や大門沢小屋に比べたら全然マシwww(農鳥小屋や大門沢小屋のトイレを経験したからこそ坊がつるのトイレに平気で行ける。あの経験は無駄じゃないwww) f:id:chitoseclimb:20210607204834j:plain muracoの黒いテントがかっこえぇ!!

法華院温泉山荘でランチを終え、今日は大船山へ! 途中まりちゃんとイッチーの英語のレッスン会話が聞こえてくる。

まりちゃん「リピート アフター ミー!」

まりちゃん「ボウガーツル!」

イッチー「ボウガーツル!」

まりちゃん「ボウガーツル!」

イッチー「ボウガーツル!」

日本語やないかい!!

あっという間に段原へ。

sun「やっぱ山はウールがいいよなー。最近気に入って山でよく着るシャツがあるんやけど、この前低山でめちゃくちゃ汗かいたらめちゃくちゃ臭くてさー、それがポリエステルなんよなー。すいーんよ!すいー!すいーってまりちゃんわかる?」

まりちゃん「うん、わかるよ!前yuyuが教えてくれた!」

さすがyuyu、今はシティボーイとかなんとか言ってるけど生粋の田舎っ子やからね!

イッチー「それが金魚臭なんじゃない?笑」 なるほど、あれが金魚臭か!!笑

まりちゃん「アセ部じゃなくてスイー部やなwww」

アセ部改めスイー部発足しました!! いやでもホント山ではウールが優秀!!! f:id:chitoseclimb:20210607204941j:plain f:id:chitoseclimb:20210607204945j:plain そんなこんなで可憐に咲くドウダンツツジやイワカガミを愛でながら、すいー話もしつつ、大船山到着!! f:id:chitoseclimb:20210607205014j:plain f:id:chitoseclimb:20210607210105j:plain 今日も最高やーーー!!!!! 絶景を堪能し、動画撮影も終え下山開始。 まりちゃんの韓国語講座を受けながら下山。 「チャリソッソ(元気?)」「 イエプター(かわいい)」 今度はきちんと韓国語のようでした笑 f:id:chitoseclimb:20210607205241j:plain 下山後法華院温泉でスイー汗を流す。温泉があって汗を流せるだけでありがたい。 f:id:chitoseclimb:20210607205259j:plain 温泉後はビールを買ってテント場へ。 f:id:chitoseclimb:20210607205426j:plain f:id:chitoseclimb:20210607205430j:plain 今回の山飯はまりちゃんとイッチーは豚しゃぶうどん、私は焼うどん。

翌日の朝駆けのために早々20時就寝。 翌日午前3時15分坊がつるを出発し、いざ平治岳へ! 今回残念ながらテント泊には参加できなかったgokeiとhito3も山頂で合流予定。 2人がちゃんと山頂に現れるか心配。だいたい何か抜けてるからなーあの2人w 大戸越(うとんごし)到着。東の空には雲がかかっているけど今日も最高の天気が期待できる。 f:id:chitoseclimb:20210607205604j:plain 1時間半ほどで平治岳山頂到着。大分市内の夜景とだんだん明るくなってきた空が綺麗。 f:id:chitoseclimb:20210607210051j:plain 山頂到着後10分ほどで例の2人も到着!!無事で何より!!笑 f:id:chitoseclimb:20210607205639j:plain f:id:chitoseclimb:20210607205643j:plain ご来光を楽しんでからミヤマキリシマ鑑賞タイム。 f:id:chitoseclimb:20210607205737j:plain f:id:chitoseclimb:20210607205733j:plain 5分咲きぐらいかなぁってとこだけど人の少ない早朝で十分楽しめたし、まりちゃんもイッチーも楽しんでくれたようで良かった。 よく見たらシャクトリムシがそこそこいたよ。よく見なかったら気づかないから苦手な人はよく見ないことね!!笑 5人での短い再会。 f:id:chitoseclimb:20210607210130j:plain gokeiとhito3はこの後予定があるらしく早々と下山して行きました。無事に家まで帰れますように!だいたい何か抜けてるからなーあの2人www

私たちはテント場に戻ってもぐもぐタイム。 最高の朝だなぁ。至福の時。あーもう帰りたくない。。。 帰りのパッキングがとにもかくにもめんどくさいw 荷物は軽くなってるはずなのに60Lのザックパンパン。とほほ。(でも大きな荷物を担ぐ自分も嫌いじゃないw) なんとか荷物を詰め込んで下山開始。 f:id:chitoseclimb:20210607210255j:plain f:id:chitoseclimb:20210607210248j:plain イッチーが何度も「また来るよ」と言ってた。ほんとにまたすぐ来たい。

コロナの事を忘れそうなほど楽しかったしすばらしい景色に出逢えた。 コロナの事を気にしなければならない毎日だけどこんな日も大切。くじゅう・坊がつる・法華院温泉山荘・・・これらを守ってくれている全ての人に感謝!!

イッチーやまりちゃんたちと毎年行ってたアルプス遠征は今年もお預けになりそうやけど、また来年どこかの山で会いましょ~!! 私は最近東北の山に行きたい欲が沸いております。遠征行きてーーー!!! それではリピート アフター ミー! ボウガーツル!!!

後日イッチーのYouTube動画が完成したけど演技力がまだまだなので今後演技力を磨こうと誓った私です!(自然の山相手の動画に演技力は多分いらないwww)

はじめまして!泉水山~大崩の辻~黒岩山!

この時期、全国のミヤマキリシマファンのみなさんはソワソワしていることと思います(今年は自粛してる方も多いと思いますが) 今年はいつ見頃を迎えるのか・・・ 今年は桜の開花も早かったし例年より早いんじゃないか・・・ そんなことを考えていたけど、結論から言うと満開はまだ先です!! f:id:chitoseclimb:20210524215953j:plain

てなわけで・・・コロナ禍の中なので人が多いであろうあっち側は避けて、今回はいつもとは反対側、長者原~下泉水山~上泉水山~大崩ノ辻~黒岩山~牧ノ戸ルートへ行ってきました。

例年より早い梅雨入りでジメジメが続き、おまけにコロナ感染者の高止まり、さらに自分が普段使っているLINEの絵文字の使い方が『おじさん構文』と言うらしいことをワイドショーで知り(なんだかなぁ~)と思っている今日この頃。

しかーし、久しぶりに晴れそうな週末、前回肉肉登山で登場のtamaちゃんからお誘いが♡ 「あっち側登りたいです!!」 かわいいtamaちゃんからの誘いならばなぜかずっと避けてきたあっち側でも「行こう!行こう!」即答。

これがgokeiからの誘いとあれば「え?なんか魅力的なとこある?」てツッコむところだけどw

2021年5月23日 快晴

メンバー tamaちゃん・hito3・私sun

tamaちゃんとは7:45牧ノ戸集合。登山シーズンなので駐車場はやはり満車だったけど運よく2台空いていた。ラッキー池田!!

長者原から登ればずっと登り、牧ノ戸から登れば最初だけ登りであとはほぼ下り。どっちから登る?ずっと登りがいいか、下りがいいか」の議論にhito3が小声で「下り・・・」と言ってたけど「喝!!!」長者原から登りコースを選択!!w (いやホントは駐車場問題もあり長者原からのスタートを選択しただけ)

長者原の駐車場はまだ余裕あり。この時期にしては少ない方。コロナの影響を感じる。 f:id:chitoseclimb:20210524220122j:plain 8:20登山開始 f:id:chitoseclimb:20210524220147j:plain スタートしてすぐに橋。いつものくじゅうなのにいつもと違う景色、新鮮やなぁ。 f:id:chitoseclimb:20210524220242j:plain sun「ここずっと樹林帯かな~」

tama「これ樹林帯って言うんですか?笑 そこから~www」

ほっとするわ~tamaちゃん笑 そーゆー発言するとsunの脳内メモに載ってすぐブログ掲載の刑だからねwww (人との会話をすぐ忘れるくせにそーゆーことは覚えている性格悪いやつ笑) f:id:chitoseclimb:20210524220331j:plain 青空と緑!!!最高すぎやしないか、この景色!! こんな景色を見れるたびに(あぁ、登山が趣味で良かったなぁ)とつくづく思う。 f:id:chitoseclimb:20210524220355j:plain 第一ミヤマ発見! f:id:chitoseclimb:20210524220406j:plain 振り返れば奴がいる(ってドラマあるよねw)いや、振り返れば三俣山! f:id:chitoseclimb:20210524220509j:plain f:id:chitoseclimb:20210524220451j:plain f:id:chitoseclimb:20210524220500j:plain 直射日光に照らされながら、滑りそうな黒土の階段を登りながら約50分で下泉水山到着。(看板はあるけどどこが山頂なのかは不明。とりあえずこの看板があったところの岩の上に登頂してみた) f:id:chitoseclimb:20210524220521j:plain 涌蓋山を目の前に撮影会。 f:id:chitoseclimb:20210524220548j:plain 反対側にはくじゅう連山。絶景ポイント! f:id:chitoseclimb:20210524220626j:plain f:id:chitoseclimb:20210524220618j:plain また黒土の急登を登り、ところどころ色鮮やかに咲いているミヤマキリシマを愛でながら上泉水山到着。 f:id:chitoseclimb:20210524221618j:plain さて次は大崩の辻へ! 湿った黒土ゾーンで3人ともズルズルしながら軽いアップダウンを繰り返す。 f:id:chitoseclimb:20210524221657j:plain f:id:chitoseclimb:20210524221707j:plain 黒岩山と大崩の辻・泉水山との分岐。 ここからのルートがかなりわかりにくく、よく見ると小さな黄色いテープがあったりするけど踏み跡もいくつかあり、低木にひっかかりながらほっそーい小道を進む。 f:id:chitoseclimb:20210524221806j:plain f:id:chitoseclimb:20210524221757j:plain f:id:chitoseclimb:20210524221750j:plain あれ?hito3こんなとこで何しよん?w

「あ、ドリンクがない!!!」ザックの横に入れてたはずのナルゲンボトルがなくなっている。。。私の命のみずぅ~いずこへ~(泣) さっき滑ったとき落としたんかなぁ。。。後で探しに行こう(泣) f:id:chitoseclimb:20210524221818j:plain 気を取り直して出発。(ここは原生の森?マングローブの森なん?暗っっっ!!このルート合ってる?)てところを抜けていく。 f:id:chitoseclimb:20210524221852j:plain f:id:chitoseclimb:20210524221908j:plain f:id:chitoseclimb:20210524221859j:plain なんとか森を抜け少し登れば大崩の辻到着!!山頂は広くて阿蘇も見える。ここに辿り着くまでが大変だけど絶景の辻!! ここもミヤマキリシマが綺麗らしいけどまだまだ蕾が多かった。 11時前だけど山頂広いし絶景だしここでお昼。日差しはきついけど心地よい風もあって『はい、さいこー!』 f:id:chitoseclimb:20210524221937j:plain f:id:chitoseclimb:20210524221932j:plain f:id:chitoseclimb:20210524225652j:plain もぐもぐタイムと撮影会を終え、黒岩山・泉水山の分岐まで戻る。また迷う。小道多すぎね! 来た時と同じ道は2度と通れる気がしないw そーいえばgokeiもソロで来た時に言ってたな~わかりづらいって。そしてここで携帯を落として探すはめになったと。 よくここで見つかったもんだ。

chitoseclimb.hatenablog.com

なんとか分岐に戻ってきたけど私には落としたボトルを探すというミッションがあるので2人には先に進んでもらい上泉水山方面へボトル探しの旅に出る。 あぁ、いっつもgokeiに落とし物・忘れ物に気を付けて~、あはははは~と笑っていたのに・・・ごめんなさい

軽ーいアップダウンなので上泉水まであっという間に到着したけどボトル発見できず。。。これが山のゴミになっちゃうんだよなぁ。。。ごめんなさい。 分岐で待っていてくれた2人と合流し、黒岩山へ。 f:id:chitoseclimb:20210524222106j:plain f:id:chitoseclimb:20210524222113j:plain f:id:chitoseclimb:20210524222121j:plain 絶景を楽しみながら黒岩山到着。 f:id:chitoseclimb:20210524222136j:plain 山頂は広くないもののここもまたビューポイント!牧ノ戸からだと30分ほどで到着できるようなのでサクッと登りにきてもいいかも! でも今日のルート1人では行きたくないなぁと3人の意見一致。なんとなくw めっちゃ楽しかったのに。なんとなくw f:id:chitoseclimb:20210524222210j:plain f:id:chitoseclimb:20210524222217j:plain f:id:chitoseclimb:20210524223231j:plain 撮影タイムを終え下山開始。 f:id:chitoseclimb:20210524222228j:plain gokeiの落とし物のタオルを発見し盛り上がってる2人(またイジってるw)

喉が渇いてコーラコーラと頭の中をコーラに支配されてる私と、ソフトクリームに頭が支配されてるtamaちゃん、滅多に頼まないドリンクをスタバで頼んだら緊張して持ち帰りと言えなかったhito3、最後まで楽しく下山したのでありました! f:id:chitoseclimb:20210524222439j:plain 牧ノ戸峠のソフトクリームと長者原のソルトクリームどっちがいいか選手権で長者原のソフトクリームが勝ったので長者原へ向かうと・・・ f:id:chitoseclimb:20210524222300j:plain コロナの影響でお店5月末まで臨時休業中でした(泣) f:id:chitoseclimb:20210524222312j:plain 牧ノ戸でソフトクリームの画 f:id:chitoseclimb:20210524222418j:plain 今回は終始天気もよく絶景、初めてのルートで新鮮さもあり、大満足の1日でした!Tamaちゃん、このルート誘ってくれてありがとう!!!

帰り、hito3と集合したとこまで送ってもらうと全身山ウェアを着たgokei発見w 山に行かないのに山ギアをこよなく愛し、収集し、普段から山ウェアを着用。山行けよwww あ、でもそろそろ山に行くそうなので乞うご期待www

それではまた!!

肉肉登山だ〜!!岩石山へ

f:id:chitoseclimb:20210513212749j:image

♡お肉お肉〜♡今回は高級お肉を食べる山行となっております🎵滅多とない高級お肉に若干浮かれ気味のhito3です(о´∀`о)

 

5月2日(日)天気 移動中晴れ のち曇、雨

メンバーはsun、平尾台で登場のさっくん、初登場のtamaちゃん、hito3の4人です。

さっくん様がとあるフォトコンテストにて見事入賞!!!景品として高級お肉をGET!その写真に小さく小さーく写って、しかもただ遊んでいただけの私達にお肉を御馳走します!といっていただきまして、山頂すき焼きパーティーを開催すべく集まった次第であります^_^

7:00 さっくんより

「やばい!犬ヶ岳、午後から雨、雷予報」

本日の山は犬ヶ岳豊前連山の最高峰で標高1131m)だったけど、雨はともかく雷は怖いし危険度が増すのでさっくんが比較的雨が凌げそうな山をリサーチしてくれ、急遽岩石山(がんじゃくさん)へ変更。

岩石山(がんじゃくさん)福岡県田川郡の添田町と赤村の境界にある山。標高は454m。サクッと登れてその名の通り巨岩を楽しめる山です。

午後から雨予報なので、ささっと9:30登山スタート。いくつかルートがあるようですが、今日は添田公園から。ここから1時間ほどで山頂まで行けるようです。

ポツポツ…ポツポツ…えっ!もう雨!?いやいやまさかぁ〜気のせい気のせい!!そう言うことにしてさぁ出発だ(゚∀゚)

f:id:chitoseclimb:20210513213047j:image

新緑がとってもキレイで癒されます

登山道はとても整備されていて歩きやすいです。登山道に石のベンチをみつけ、とりあえず座ってみる f:id:chitoseclimb:20210513160646j:imageおっとすんがめちゃくちゃうなだれているぞ…何があったんだー!w

ところどころに休憩ポイントがあり、今のところはまだ晴れ間も見えていて気持ちの良いトレッキングの時間となっております

f:id:chitoseclimb:20210516165702j:image
f:id:chitoseclimb:20210516165708j:image歩き始めて約1時間ほど経ち、奥の院まであと少しというところでポツポツ…ザーーーーーッ

雨キターっ、急げ急げっ!どこか雨避けできる場所は…

あった!こんな素敵な山小屋が✨

登山記録を記帳出来るノートや、岩石山に2万回登った方の記念碑があったり(後日調べたらあの有名な某TV番組◯コレ珍百景←ほぼ答えwに出演していました)地元の方々に愛されている山なのがとても伝わってきました。それにしても2万回って凄すぎる!!まさにレジェンドです!!

雨を避けつつとりあえず様子見、時間はまだ10:40すぎ。どぉーします?早いけどお昼にしますか?さっき朝食べたばかりのような…

そんなこんなしていたら雨が止み今のうちに山頂へ行っとこう!って事で荷物をデポして山頂へ向かう


f:id:chitoseclimb:20210516233713j:image

f:id:chitoseclimb:20210516233719j:image

キレイなトイレも設置されていました(木で作ったトイレの文字がなんかかわいい🎵)


f:id:chitoseclimb:20210516174440j:image

f:id:chitoseclimb:20210516174447j:image

新緑〜(語彙力がなく…出てくる言葉は新緑新緑w)
そして山頂へ

f:id:chitoseclimb:20210516173946j:image


f:id:chitoseclimb:20210516225332j:image

f:id:chitoseclimb:20210516225256j:image

山頂には立派な展望台がありました!幸い青空が顔を出してくれました( ´∀`)

さらに先へ進むと


f:id:chitoseclimb:20210516230902j:image

f:id:chitoseclimb:20210516230855j:image

この頃にはかなり雲行きが怪しくなってきていました(-_-)巨岩に攀じ登り、挟まり、その上からの景色を堪能

f:id:chitoseclimb:20210517080228j:image
f:id:chitoseclimb:20210517080232j:image
f:id:chitoseclimb:20210517080237j:image

f:id:chitoseclimb:20210516234011j:image
f:id:chitoseclimb:20210516232357j:image
f:id:chitoseclimb:20210516232333j:image

少しずつ雨が降り始めたので先ほどの山小屋に戻り、本日のメインディッシュ!高級お肉でのすき焼きパーティー開催٩( ᐛ )و

早速どーーーーーんっ

f:id:chitoseclimb:20210516234124j:image

見るからに高級&美味しそうなお肉♡


f:id:chitoseclimb:20210516234129j:image

f:id:chitoseclimb:20210516234421j:image

sunが下準備してきてくれた食材とタレを絡めて完成したすき焼きをみんなで頬張る。めちゃめちゃおいしーーーーー♡雨で冷えた身体がじんわりあったまる。あ〜、幸せ♡

f:id:chitoseclimb:20210516235424j:imageそしてデザートはtamaちゃんが持って来てくれたさっくんフォトコン入賞おめでとうチョコプレート付きのプリン♡大大大満足の山ごはんになりました!

13:00過ぎ、雨雲レーダーによればあと10分くらいで雨は止んでくる予定なのでそれまで小屋で待機。10分後、すこーし雨が弱まったのでレインウェアを着て下山開始。レインウェア着たの、いつぶりだろう…あっ、去年の夏の爆風テント泊の時以来だなぁ。

雨で足元がかなり滑りやすくなっているので慎重に下山。

f:id:chitoseclimb:20210517002029j:image
f:id:chitoseclimb:20210517002021j:image

14:00前、無事下山

f:id:chitoseclimb:20210517002724j:image

4人で記念撮影 

まだ14:00かぁ、この頃には雨も止みもう降らないのかなぁという感じだったので、英彦山神宮にお参りに行こう!!そうしよう!!車を走らせ、英彦山へ向かっていると…ザーーーーーッザーーーーーッ今日イチの大雨。車から降りるのもちょっと無理かもレベルの大雨に(・_・;

帰ろっか(^^;;ここでさっくんとはお別れして、帰路へ。

車中の会話

sun「ずっとうどんが食べたいって思ってるけどまだ食べてない」

hito3 「そう言えば平尾台の帰りも言ってたねぇ」

tama「市内にちょっと前にオープンしたうどん屋さんいきましたかー?」

はい!!夕ご飯は資さんうどんに決定♬f:id:chitoseclimb:20210517010245j:imageごぼううどん美味しかった!念願のうどんを堪能してsunも満足気な様子。よかったよかった(^^)完全に消費カロリー<摂取カロリー…たまにはこんな山の日があってもいっか(^з^)

次はミヤマキリシマかな ピンクの絨毯 見にいきたいなぁ

それでは!!

ボキャブラリーゼロコンビ祖母山参上!!

『まちあいしつ』と『まっちゃあいす』声に出して言ってみてください!! 似てるよね??w そんなことで笑ったなおみとsunの祖母山登山、始めまーす! f:id:chitoseclimb:20210508110332j:plain 今回は以前も登場しているアクティブ女子なおみちゃんと二人で祖母山に行ってきました。

なおみちゃんは祖母山系大好き女子で春と秋の年2回、祖母傾山系強化月間があるらしい。 大寝坊して10時に起きたとしても(←寝坊しすぎwww)それからソロで祖母山に向かう強者。

BBA婦人部の私はもう10時とかまで寝れないw そんななおみちゃんのインスタでよく見てて気になっていた祖母山のヒメシャラの森そして神掛岩を経由して祖母山頂へ向かうコースを案内してもらいました。 f:id:chitoseclimb:20210508110743j:plain

2021年5月4日 快晴

7時過ぎ、竹田市神原(こうばる)登山口出発。 駐車場は半分ぐらい埋まってたけどまだ余裕あり。トイレあり。

去年6月gokeiとここから神原コースピストンで登ったけどずーっと急登、蒸し暑くてバテバテだった記憶。

chitoseclimb.hatenablog.com

今日は神原コースは下山時に利用、登りはメンノツラコース、2時間ぐらいで神掛岩に着くとのこと。 f:id:chitoseclimb:20210508111010j:plain f:id:chitoseclimb:20210508110956j:plain f:id:chitoseclimb:20210508110944j:plain 祖母山はどのコースから登っても樹林帯なので今の季節はめちゃくちゃ新緑がきれい。

おとといまでの爆風が嘘みたいに晴天無風で、新緑と沢の水の音に癒される~。

f:id:chitoseclimb:20210508111032j:plain 仕事の忙しさに荒れてた私の心もこの沢の水のように綺麗な透明になったような。ならないような・・・。

五合目小屋まではこの沢沿いを歩く。登りもゆるやか。快適。

こんな登山道が永遠に続けばいいのにw(←もはや登山ではなくただのウォーキングレベルw) f:id:chitoseclimb:20210508111129j:plain 五合目小屋からまっすぐ階段を進めば神原コースだけど今日は小屋の横を抜けてヒメシャラの森へ進む。

ここから本格的に登りが始まる。 f:id:chitoseclimb:20210508111114j:plain f:id:chitoseclimb:20210508111358j:plain 今回私が履いてるパンツ『アトリエブルーボトル』Hiker's PANTS、めちゃくちゃ足さばきが良くて足上げ抜群。

だいたいネット販売が平日の12:30からなので毎日真面目に仕事に取り組んでる私にはなかなか手に入れにくい一品だけど、13:15の時点でまだ運よく残ってくれてた。

これはゲットして良かった一着。また色違いでも欲しいところ。

新緑の美しさに足を止め何枚も同じような写真を撮りながら登っていく(こうやって私はだいたい休憩をとっている笑)

なおみちゃんと何を話しながら登ってたんやろーなー(すでに覚えていないw だいたい失礼なsun) f:id:chitoseclimb:20210508111725j:plain スタートから1時間半ほどでヒメシャラの森到着!!

すごく雰囲気がいい!!青空と光が差し込む感じ、ヒメシャラの木々、これが祖母山の魅力!! f:id:chitoseclimb:20210508111749j:plain つるつるとしたヒメシャラの木肌がひんやりしていて汗をかいた体に気持ちいー!!! f:id:chitoseclimb:20210508111816j:plain ヒメシャラ群生地を抜けるとすぐに神掛岩とメンノツラ越の分岐に出る。 f:id:chitoseclimb:20210508111832j:plain 分岐から約5分で絶景の神掛岩到着! f:id:chitoseclimb:20210508112057j:plain f:id:chitoseclimb:20210508112052j:plain f:id:chitoseclimb:20210508112047j:plain 天気も視界も良好でくじゅう連山や由布岳もばっちり!

写真では高度感が伝わらないのが残念。

後からソロの男性が2名やってきた。なおみちゃんは何度か神掛岩に来てるけどここで人に会うのは初めてらしい。 居心地良すぎて神掛岩で40分経過w もぐもぐタイムも終え、出発!

な「ここからがきついんよなー」

s「え・・・?」

祖母山大好きで何度もソロで祖母山に登っているアクティブ女子なおみちゃんがきついと言っている・・・

祖母山はどこから登ってもきついとは思っていたけどなおみちゃんの口から聞くとどんなきつさなのかと不安になる。

そんな不安な気持ちを抱えながら登っていたけどそんな私に癒しが・・・

今回ヒメシャラの森と神掛岩を目的に祖母山に来たけどもう一つアケボノツツジもまだ山頂付近で見れそうとのことでそれを楽しみにしてきたのです。

でもこの時の癒しはアケボノツツジではなく・・・しゃくなげ! f:id:chitoseclimb:20210508112216j:plainf:id:chitoseclimb:20210508112415j:plain f:id:chitoseclimb:20210508112401j:plain f:id:chitoseclimb:20210508112409j:plain f:id:chitoseclimb:20210508112421j:plain こんなにしゃくなげが咲いてるのを初めて見たってくらいにピンクの花が咲いている。

ズボラBBAの私、こう見えてけっこうピンクは好きなの。うふふ。えへへ。

(いや、ピンク好きなのはおばちゃんだからじゃない?)って言葉は受け付けません!

このきついルートで予想外のしゃくなげに癒されながら山頂を目指す。

が、しかーし! 私たちの前に祖母山の壁どーん!!! f:id:chitoseclimb:20210508112617j:plain f:id:chitoseclimb:20210508112553j:plain f:id:chitoseclimb:20210508112600j:plain f:id:chitoseclimb:20210508112609j:plain ちょっと下ってはどーん!!

祖母山の壁ドンは計5回。私の求めているかっこよくて甘い壁ドンならいつでもウェルカムなのにwww

その5回の壁ドンの間にもしゃくなげ群生地は続く。 f:id:chitoseclimb:20210508112641j:plain 上の方はまだ蕾が多かったからこれからしばらくはしゃくなげが楽しめそう。 f:id:chitoseclimb:20210508112919j:plain f:id:chitoseclimb:20210508112930j:plain f:id:chitoseclimb:20210508112925j:plain そしてアケボノツツジもちらほら!

ピンクピンク♡みんな!!ピンクだよ♡うふふあはは♡

しつこいくらいのしゃくなげを見ながら(笑)ゼーゼーハーハー言いながらやっとの思いで尾平コースとの分岐点に到着! f:id:chitoseclimb:20210508113016j:plain ここまで神掛岩から約2時間。 f:id:chitoseclimb:20210508113033j:plain 9合目小屋到着!山頂まであと10分! ゼーハーヒィヒィ言ってる間になぜかさっきまでの青空が消えていた。。。 f:id:chitoseclimb:20210508113101j:plain f:id:chitoseclimb:20210508113107j:plain でも視界は良好で阿蘇根子岳も、遠くに雲仙も見える。

わーいわーい!!と喜んでたらなんでもないところでこけた。。。 f:id:chitoseclimb:20210508113118j:plain そしてついに山頂到着!ちょうど12時!スタートから5時間経過。 f:id:chitoseclimb:20210508113324j:plain メンノツラ越コースではほとんど人に出会わなかったのに山頂はかなりの人と虫で賑わってた。 f:id:chitoseclimb:20210508113406j:plain なおみちゃんとの登山は暗黙の了解で山飯はだいたいカップラーメン(笑)

今回もズボラ女子2人、ここに健在w

先日の平尾台ハイクでのyuyuの大事などら焼きにアリさんこんにちは事件を思い出し、おやつ類は大事にザックの中に隠しておいた。 f:id:chitoseclimb:20210508113727j:plain 前日の5月3日は祖母山の山開きで前日設置されたばかりの新しい標識があったyo~!

1時間山頂でゆっくりしてから下山開始。 f:id:chitoseclimb:20210508113816j:plain f:id:chitoseclimb:20210508113821j:plain 下山は神原コース。こっちはミツバツツジアケボノツツジの共演。

しゃくなげは少ししか見られなかったからしゃくなげ天国はメンノツラコースだけなのかな?

5合目小屋まで延々と下る。こりゃ膝にくるわ。。。 f:id:chitoseclimb:20210508114006j:plain f:id:chitoseclimb:20210508114016j:plain f:id:chitoseclimb:20210508113957j:plain f:id:chitoseclimb:20210508113950j:plain f:id:chitoseclimb:20210508113942j:plain 山頂から2時間ほどで登山口到着!

コースによってはほとんど人と出会わない祖母山。

でもたくさんの魅力が詰まった祖母山。きついコースが多くてトレーニングにはもってこい!!

また季節を変えて行きたい!!

下山後、温泉に向かっている車中。

(温泉にソフトクリームあるかなー。あったらいーなー)とさっきまで「腰回りの肉が・・・どーちゃらこーちゃら」って話してたのにアイスのことを考えている私。

なおみ「まっちゃあいすがあるけん・・・」

sun「え?抹茶アイス?」(私、抹茶あんまり好きじゃないんよなー、抹茶かぁ・・・)

な「え?」

s「え?」

な「いや、待合室・・・!」

聞こえるでしょ、まっちゃあいすとまちあいしつ!www

あ、最後に・・・

今朝コンビニでこんなものを2人して買って飲んでみた。 f:id:chitoseclimb:20210508114021j:plain プロテイン!!

しかし。。。2人とも健康食品なんかに疎くていつ飲むのが1番いいのかわからないw

ま、いっか!!っていつもの調子で朝飲んだyo!本当は体を動かした後の方がいいんかなw

ネットで調べた結果、いつでも良さそうwww(←だいたい自分にいいように解釈するのでみなさんはきちんとしっかりした時間に飲んでね。わかってはいると思うけど私テキトーなんでwww)

ま、なおみちゃんもぐびぐび気にせず飲んでたけどねw

さてさてGWも終わり、福岡も大分もコロナ感染者が過去最高を記録。

ゆるゆる登山隊、4人揃うのはいつになることやら・・・(泣)

家で山飯の練習しよーっと!!

それではまた!!

世界的スターに遭遇した平尾台ハイク

f:id:chitoseclimb:20210427173922j:plain 皆さんお久しぶりです。yuyuです。 (え!誰だって?www) 忘れないでください。 でも、忘れてもしょうがないですよね。半年ぶりの登場ですもの。

半年何していたかと言いますと・・・ほぼ自粛生活。 近所を走ったり、福岡近郊の宝満山、四王寺山、糸島の雷山、井原山をちょこちょこと。 今回の平尾台は久しぶりのゆるゆるメンバー(渓流釣り部員は不参加)。 ハイクの途中ではあの世界的スターに遭遇しました。

f:id:chitoseclimb:20210427175309j:plain 集合は吹上峠の駐車場。曇り空の下 8:15スタート。

f:id:chitoseclimb:20210427175523j:plain hito3「この時計は、渓流釣り部員の形見(笑)」 sunとhito3の中ではgokeiは過去の人のようだ。

f:id:chitoseclimb:20210427175716j:plain f:id:chitoseclimb:20210429094443j:plain 半年ぶりの再会なので近況報告やら、最近買ったギアの話やら・・・。 gokeiの渓流釣りの話は一切出ず。

f:id:chitoseclimb:20210427175821j:plain ぺちゃくちゃ話しているとあっという間の一座目「大平山」

f:id:chitoseclimb:20210428001803j:plain BBA婦人部との会話は安定感あるな~。絶妙な間のツッコミ。沈黙も全く気にならない。先日井原山に会社のメンバーと行ったときには24歳山ガールもいて、おじさん何しゃべっていいかわからず、違う汗かいちゃったもんね。 f:id:chitoseclimb:20210428001944j:plain 四方台を経て、貫山を目指します。 f:id:chitoseclimb:20210428001717j:plain 急登を登ると

f:id:chitoseclimb:20210428002110j:plain貫山f:id:chitoseclimb:20210428002411j:plain 運動不足のhito3も遅れて到着。平尾台には2年前に4人で登ったぶり。その時はここでランチを食べました。

f:id:chitoseclimb:20210428003057j:plain 2年前の2キロのあんこで作ったあんバターサンド。1.9キロは持って帰りました。(なぜかすんが大量に持ってきたw)

f:id:chitoseclimb:20210428003110j:plain 2年前は健在だったgokei氏。この後コーヒーをこぼします。2年前はこのゆるゆるブログ始めてなかったので記事がないのが残念。

f:id:chitoseclimb:20210428003931j:plain 「時を戻そう」 四方台に戻ってきて、周防台方面へ。

f:id:chitoseclimb:20210428004211j:plain このあたりから晴れてきて、夏の日差しのように暑かった。稜線がたまりませんね。

f:id:chitoseclimb:20210428004708j:plain 今日のトップスは、アークの「レミージフーディ」。さらさらでフードかぶると日焼け対策にもなる。1日中着ていられるし買ってよかった。

f:id:chitoseclimb:20210428005350j:plain 名前がわからない花が咲き乱れていました。(帰って調べたら「チョウジガマズミ」のようだ) f:id:chitoseclimb:20210428011533j:plain これぞ平尾台の光景。 f:id:chitoseclimb:20210428005014j:plain 2年前はあの岩のルートを通ったよね。なんて会話もしつつ記憶も蘇ってきます。 f:id:chitoseclimb:20210429093703j:plain パラグライダーも気持ちよさそうに飛んでいる。

f:id:chitoseclimb:20210428011615j:plain

f:id:chitoseclimb:20210428011725j:plain 一旦下って、奥に見えている周防台へ登り返し。 貫山でバテてたhito3も冷凍ゼリーの補給の甲斐あってか元気だ。 f:id:chitoseclimb:20210429094028j:plain

f:id:chitoseclimb:20210429093429j:plain 周防台、天狗岩コースは、初めてのルート。見晴らしがいい。ここで昼食を取ることにした。

f:id:chitoseclimb:20210429090957j:plain 「すん手作りキーマカレーのホットドック

f:id:chitoseclimb:20210429091145p:plain すんのキーマカレーを温めるyuyu。まじでおいしかった。米と一緒にも食べたかった。sunは料理も上手なんです。皆さんにいち推し。恋愛は推しに弱いらしい(前回本人記事より)。みなさんプッシュどうぞ。

f:id:chitoseclimb:20210429092724j:plain 食後のデザートに「どら焼き」を食べようと・・・ すると、悲劇が・・・。

どら焼きの中に大量のアリが侵入(写真は自粛)。どら焼きの表面や中を割ってもアリが、自分の巣のようにひしめき合っていた。 f:id:chitoseclimb:20210429092923p:plain ホットドック食べる際に草の上に置いていた隙に侵入を許してしまった。3個のどら焼きのうち、1個はセーフだったので、3等分して仲良く食べた。

f:id:chitoseclimb:20210429094641j:plain f:id:chitoseclimb:20210429094254j:plain f:id:chitoseclimb:20210429094759j:plain f:id:chitoseclimb:20210429094825j:plain 最高のトレイルを歩いて、パラグライダーの発着場所の「桶ヶ辻」に到着 f:id:chitoseclimb:20210429094951j:plain 行橋市内を一望。奥には国東半島も見える。ここで寝っ転がったら気持ちいいだろうな~

f:id:chitoseclimb:20210429095151j:plain すでに寝っ転がっている人。いました。

f:id:chitoseclimb:20210429095257j:plain ニヤニヤしながら何か言っているが、覚えていない。

f:id:chitoseclimb:20210429095432j:plain f:id:chitoseclimb:20210429095456j:plain f:id:chitoseclimb:20210429095507j:plain yuyu「みんな渓流釣り興味ないの~」

sun・hito3「沢登には興味ある」

yuyu(同意)

じっとしていられない性格なので、昔から釣りは苦手だった。でも沢登りには興味あるので今度gokeiに連れて行ってもらおう。渓流釣りに興味ある方はこちらの記事もどうぞ。興味ない人はスキップ。

chitoseclimb.hatenablog.com

f:id:chitoseclimb:20210429100100j:plain 「天狗岩」

f:id:chitoseclimb:20210429100659j:plain この後、sunのフォロワーと合流。ここからは4人で歩きます。(あ、世界的スターはこの方ではないですw)

f:id:chitoseclimb:20210429101921j:plain f:id:chitoseclimb:20210429102018j:plain こどもからの視線も気にしない大人げない大人。

f:id:chitoseclimb:20210429102351j:plain 「茶ヶ床園地」でトイレ休憩した後、平尾台がお庭のさっくんに青龍窟を案内してもらうことに。この後世界的スターに遭遇する。

f:id:chitoseclimb:20210429102831j:plain 誰かが撮影をしている。この風貌はまさかあの・・・

f:id:chitoseclimb:20210429102945j:plain f:id:chitoseclimb:20210429103421j:plain まさか「パイレーツオブカリビアン」最新作の撮影現場に遭遇。もちろんホンモノではありませんが、クオリティが高くてびっくり。バリバリの博多弁で優しく会話してくれました。結局何の撮影かはわかりませんでしたが、YoutubeかCMのようでした。完成したら観たいです。

f:id:chitoseclimb:20210429103454j:plain 時を戻そう。(すっかり映画の世界に飛び込んでいましたw)。「青龍窟」の入り口。

f:id:chitoseclimb:20210429103636j:plain 3秒後にへびに遭遇し、奇声とともに飛び回る前のhito3

f:id:chitoseclimb:20210429103900j:plain 洞窟の出口側。洞窟が貫通していることを知らなかった。案内してくれてありがとう。(今度24歳山ガールを案内しようっと)

f:id:chitoseclimb:20210429104222j:plain

f:id:chitoseclimb:20210429104652j:plain f:id:chitoseclimb:20210429104710j:plain 夕方。かれこれ6時間ぐらい歩いている。足が棒だけど最後のお目当ての場所へ。

f:id:chitoseclimb:20210429105002j:plain 「キス岩」 この後、土下座してお祈りしていたとか、していないとか。何かの魚にしか見えない。シーラカンスとか?

f:id:chitoseclimb:20210429104249j:plain f:id:chitoseclimb:20210429104401j:plain f:id:chitoseclimb:20210429104325j:plain 4人で記念撮影。また行きましょう。渓流釣り部員も一緒にね。

翔べ!ゆるゆる渓流釣り部!


f:id:chitoseclimb:20210415231534j:image

も、え、あ、が、れ

もえあがれ~

燃え上がれ gokei

 

どうも、連邦の白い奴よりジオンの機体が好きなgokeiです。
2月のカレー登山から山に行っておりません(汗)
日々のストレスが溜まり体調を崩したり色々あってイライラが爆発!
「gokei、いきまーす!!」
「渓流釣り」始めます!!!!
というか、始めています! 
今回は、「千歳ゆるゆる登山隊」はお休み。
「千歳ゆるゆる渓流釣り部」gokeiの渓流釣りをちょろっと紹介です。         (文:gokei)

 

登山好きは渓流釣りもハマるはず。
f:id:chitoseclimb:20210415230048j:image

みんな釣り好き?
私は好きです!
女子的には、「魚くさ~い」「エサきも~い」なんでしょうね。 表現が古い!!
それは私も思う(笑)
磯釣りなんかした日には、全身がエサのオキアミ臭やら魚臭やら磯臭さやらで匂います。
今回チャレンジする渓流釣りは臭いエサや、きもいエサは使いません。
日本古来の釣法。毛バリを使ったテンカラ釣りです。
毛バリ。
糸。
竿。
これさえあればOK!とりあえずテンカラ釣り始められます。

※私が行く渓流は水に浸からなくても歩ける場所が多いですが、場所によってはウェーダーなど水に浸かっても大丈夫な装備が必要になります。


糸垂らしてボーっと待ったりしません。
魚がいそうなポイントにシュッと毛バリを落として食わなければ次のポイントへ。f:id:chitoseclimb:20210416171610j:image
どんどん渓を釣り歩くので自然の中を歩く登山好きの方も楽しめると思うんだけど…
sunどう?楽しいぞ(笑) ※釣り部スルーすんなよ(笑)


テンカラ釣り三回目の初心者gokeiが初めての1匹を釣る。

 

少し山歩きをして入渓。f:id:chitoseclimb:20210415230153j:image

緑が眩しいぜ。

f:id:chitoseclimb:20210415230313j:image

水も綺麗で気持ちがいいぞ。


f:id:chitoseclimb:20210415230416j:image

釣れない。

f:id:chitoseclimb:20210415230445j:image

・・・釣れない。

f:id:chitoseclimb:20210415230505j:image

・・・・・・釣れない。f:id:chitoseclimb:20210415230630j:image

ゴツゴツと石の上を歩くので結構疲れて休憩中。

二時間ほど歩いてますが釣れてません!!
(sunへ カレー登山の時に、「釣りの時もひとりでしゃべってるの?ハハハ」って小馬鹿にしてきたけど釣りの時は喋っていませんよ!)

 

chitoseclimb.hatenablog.com

 


f:id:chitoseclimb:20210415230704j:image

緑と水音を楽しみながら、のんびり竿を振り歩いて行こう。そうしよう。f:id:chitoseclimb:20210415230718j:image

荷物はトレランザックに入れてます。
ショルダーハーネスにポケットが沢山、毛バリケースや糸など小物を入れるのに便利。


f:id:chitoseclimb:20210415230900j:image
ここ釣れそうだな~。大きい岩の陰から飛び出しそうだな~。

 

キタ~!!!来た!来た!


f:id:chitoseclimb:20210415230944j:image

初めてテンカラで釣れたのは綺麗な朱点のアマゴ。
イメージ通りに釣った嬉しい1匹です。
久しぶりにめちゃくちゃ興奮しました(笑)
この時は小声で「マジかぁ やったぜ」と呟いたよ。


f:id:chitoseclimb:20210415231550j:image

綺麗だな~。もっと写真撮ればよかった。


f:id:chitoseclimb:20210415231143j:image

この後もしばらく歩いていきますが2回バラシて(逃げられて)釣りあげる事ができない。

f:id:chitoseclimb:20210415231222j:image

そろそろ終わりにしようと思ったら釣れる(笑) 釣りあるある!!

この魚も凄く綺麗。小さくても大満足。
f:id:chitoseclimb:20210415231244j:image

こんな浅い場所に居るんだと初心者gokeiは学びました(笑)
4時間ほどの釣行でしたが、テンカラ釣り。
最高に楽しいです!
午前中だけ、午後からとか自由が少ないgokeiには最適な遊びかもしれない。
この場所も家から1時間で来れるし、牧ノ戸より近い(笑)
一日自由があれば登山。半日だとテンカラ釣りになりそうです(笑)
初めての釣果報告として登山ブログに書いときます。
次回は山で会いましょう。
最後までありがとうございました。


あっ!! 
渓流ベイトフィネスもやりたいのでロッド、リールのお勧め道具とかあったら教えてください。
(めちゃくちゃ渓流にハマってる)

4000本の山桜?ツアー

ご無沙汰しております!sunです!
気づけば2021年度が始まっておりました。
ブログもちょっとサボりぎみ…いや、サボってたわけでは…はい…ごにょごにょ。。。
f:id:chitoseclimb:20210413211238j:image

今回はくじゅうの一番水登山口から法華院温泉山荘までノーピーク山桜鑑賞ツアーしてきたよ!


2021年4月10日


まだスタッドレスタイヤを装着している私はタイヤ交換の予定だった土曜日。
数日前にインスタのフォロワーさんから『坊ガツルでテント泊するよー』のお誘い。
テント泊は心の準備が必要だから(まだ寒いし笑)丁重にお断りしてw
土曜日に法華院温泉山荘までご一緒させてもらうことに。
一番水登山口からの入山は2回目。
9時レゾネイトクラブくじゅうの第3駐車場集合。
f:id:chitoseclimb:20210413211626j:image

はい満車。
普段はあまり人がいないと思われる登山口もこの山桜の時期は多いんだろーなー。
f:id:chitoseclimb:20210413211707j:image

9時半登山口出発。
以前由布岳登山にご一緒させてもらったMさんと、今回はじめましてのMさん(あ、どっちもMさん!)

 

前回は2年前の夏、yuyuと一緒にここから登ったな〜。
yuyu元気かなぁ?
自称シティーボーイのyuyuはまだ県外移動がNGらしくしばらく会ってない。
でもyuyuは間違いなく元気だと思う。根拠はないけど絶対元気!笑


登山口から約20分ほどで朽網分れ(くたみわかれ)の4000本の山桜に出会う。
f:id:chitoseclimb:20210413211826j:image
f:id:chitoseclimb:20210413211816j:image

今年は花が咲くのがすごく早くて山桜も例年より早いらしい。
山桜は紅葉みたいな赤い葉っぱ付きだからいつが見頃でいつが満開なのかちょっとわかんないw
今回も少し遅かったのかなー?それでも青空に映えてとてもキレイでした!!

f:id:chitoseclimb:20210413212033j:image
でも4000本もあるのだろうかとゆー疑問w
多分…ないw


今回目的の山桜鑑賞も終わったのであとはM1さん、M2さん(どっちがどっちかどーでもいいよね?笑)と3人でテレテレ歩く。


sun「またゆずの皮持ってきました?www」
M1「もちろんwww」
前回由布岳登山の時にゆずの皮のお菓子をどうぞって差し出され、初対面にも関わらず「いやぁ、ゆず?しかも皮?www あんまり好きじゃない」って断ったんだよねー笑
私の中じゃゆずは柚子胡椒(大好き)にするか、お風呂に入れるかなのよ笑
でもゆずの皮(柑橘系)の話をしながら歩いてたらどうも口の中が柑橘系を欲していることに気づくw これがゆずマジックなのか!(←ゆずマジックって何?笑)
あとで貰おうwww


f:id:chitoseclimb:20210413212111j:image

スタートから約1時間半ぐらいで佐渡窪到着!
前回yuyuと来た時は大雨が降った後で、ここの木道は完全に水に浸かってた。

f:id:chitoseclimb:20210413212748j:image
f:id:chitoseclimb:20210413212739j:image2019年8月の佐渡窪の様子


M1・M2「sunちゃん、法華院に泊まれば〜?」
そんな事を言われるとすぐ調子に乗って「うん、泊まる!」と言い兼ねないのが私である。
だいたい推しに弱い。そしてまぁまぁノリがいい(←自分で言う笑)
恋愛でもだいたい推しに弱い(←知らんがなwww)

f:id:chitoseclimb:20210413213206j:image
f:id:chitoseclimb:20210413213149j:image
ところどころに去年の豪雨の爪痕


f:id:chitoseclimb:20210413212902j:imageゆるゆる歩いて2時間で鉾立峠到着。
もう最高のテント泊日和やないかい!!


「ゆずくださーい!」
ゆずマジックにかかっていた私はゆず欲が増していてひと口食べたらなんか美味しかった笑
この前は初対面なのにゆず見て鼻で笑っちゃってごめんね、モリーさん(←もうMさんではなくなっている笑)
f:id:chitoseclimb:20210413212943j:imagehito3、ゆず美味しいよ(←hito3も由布岳でゆずを鼻で笑ってた1人なのであるw)


f:id:chitoseclimb:20210413213007j:image鉾立峠から約20分、法華院温泉山荘到着!
2人は早々とそれぞれ持ってきたワインを開けている。
はぁぁぁぁぁ。
テント泊しない事を激しく後悔しながら1人どん兵衛ランチ。
f:id:chitoseclimb:20210413213043j:image広島や山口銘菓をいただきました!桐葉菓うんまっ!!


山荘で約1時間40分ゆっくりした後、次回の再会を約束し、1人寂しく来た道を帰る…トホホ(←言い回しが昭和と言わないでw)


f:id:chitoseclimb:20210413213322j:image
f:id:chitoseclimb:20210413213338j:image
f:id:chitoseclimb:20210413213332j:image
f:id:chitoseclimb:20210413213343j:image

馬酔木や山桜をゆーっくり堪能し下山完了!!(省略しすぎ⁈いや、だって特に何もないからw)


今回も山を通じて出会った仲間に感謝!
そろそろ千歳ゆるゆる登山隊の4人で登山が出来るといいんだけど…。
4人で最後に登山したのは…去年の9月の坊がつるテント泊。


最近gokeiは1人で渓流釣り部を立ち上げたみたいやけど3人ともスルーしてるwww
どーでもいいけどきっとgokeiはゆずの皮は好きなはずwww
またゆず、ゆず言ってたらゆず食べたくなってきたわ笑


以上!